人と技術を掛け合わせ、夢の実現へ。

Human
Technology
Dream

事業案内 - BUSINESS FIELD -

[ 保全 ]
HUMAN SERVICE

現地踏査から詳細調査、
調書作成まで一貫して実施しています。

[ 情報 ]
TECHNOLOGY SERVICE

公共インフラ施設のデータベース作成から
インフラ3次元データモデル作成まで対応しています。

[ 行政支援 ]
HUMAN SERVICE

道路情報管理や道路許可審査・適正化指導などを行っています。

”想い” - MESSAGE -

社長メッセージ

代表取締役社長 松本 成敦

人と技術を掛け合わせて、夢の実現へ

当社は、株式会社長大(東証一部上場)のグループ会社として2002年(平成14年)11月に創業し、国のプロジェクトとして進められてきた道路施設を総合的に管理する情報(データベース)の整備・運用を専門的に実施してまいりました。 また、公共インフラ維持管理の重要性にいち早く着目し、特に道路施設の点検調査業務についても技術研鑽に努め

2020/07/01

自然豊かな会社で、笑顔で働き!社会に貢献!

関東支店 技術部長 
細川 祐一

関東支店技術部は、関東圏をはじめ北海道・東北・北陸等、日本の約半分を担当し、インフラ点検業務、補修設計業務、道路管理データベース更新業務、3Dモデル作成業務など様々な業務に取り組んでいます。特に、インフラ点検業務では新しい技術にも積極的に取り組みドローンやウェアラブル端末を活用した次世代技術へのチェレンジも行っています。支店内のフロアも広々としており働き易く活気ある職場で、女性技術者も活躍中です。関東支店では「笑顔で働き!社会に貢献!」をスローガンに社員一同、日々精進してまいります。

近畿エリアのインフラ維持管理等に貢献

大阪支店 技術部長 
西田 史昭

大阪では万博や大阪駅北側の開発を控えるなど、2025年にかけてビックプロジェクトが目白押しです。さらに、訪日・来阪外国人旅行者が平成26年から約3倍に増加し、伸び率は全国を大きく上回るなど街中が活気に溢れています。そのような状況下、私ども大阪支店では、安全に安心して道路を利用して頂けるように、道路施設の点検や補修設計などの維持管理業務を中心に実施しております。維持管理を通して社会に貢献できる専門技術者集団として、さらなる技術研鑽と人材育成を強化して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

日頃の体調管理とチームワークを大切に

道路情報 管理部長 
山口 和広

道路情報管理部は、九州高規格道路管理センター(福岡市東区)において、九州地方整備局が管理する国道の安全で円滑な交通を確保する事を目的に、24時間365日リアルタイムで、「情報収集」及び「情報提供」の業務を行っています。部員は現在、福岡支店及び九州高規格道路管理センターを合わせて20数名規模で対応しており、十分なシフト体制を保持しています。本業務のモットーは「迅速」且「正確」を掲げており、それに向けて日頃から作業訓練を怠ることなく精進しています。

福岡の中心地で日夜、技術研鑚に励む

福岡支店 技術部長 
浦野 大作

福岡支店業務部では、中国地方・九州全域を業務区域として、橋梁点検、橋梁補修設計、国の道路管理データベース更新業務を幅広く受注し、業務に取り組んでいます。インフラの維持管理技術は、日々進化しており、その時代の変化に対応できる若い技術者の人材育成のために3D-CADの教育にも力を注いでいます。橋梁点検・補修においては、橋梁点検士による目視点検を行っていますが、ドローンの活用や新しい技術を取り入れ、より的確な調査と適正な補修の提案ができる体制を整え、長寿命化に向けた公共インフラの保全に社員一同邁進してまいります。

有資格者数 - Qualification -

長大テックの社員が持っている資格者数

179