総合建設コンサルタント・情報システムサービス


長大テックロゴ
ご利用について サイトマップ
サービス

橋梁点検

道路附属物点検

アセットマネジメント

システム設計・構築
人々が自らの健康保持のため、身長や体重、生年月日、健康診断結果を管理するように、道路施設に関しても同様に管理する必要があります。 しかしながら、膨大な道路施設を維持管理するにあたり、紙台帳や表計算ソフトで管理するには、効率的な管理に限界 があります。

効率的な維持管理を実現するためには、橋梁等構造物を管理するための台帳や道路附図をデジタル化し、データベースやCADとし て管理することにより、飛躍的な資産管理、調査、補修計画が可能になります。
当社では、国の道路施設維持管理IT化に携わってきた経験を元に、構造物点検技術者・土木建設技術者・IT技術者の混生チーム により、ご満足いただける道路維持管理のIT化を実現いたします。

具体的には、橋梁長寿命化修繕計画既存道路ストックの効率的な管理に関するコンサルティングを行います。


社会資本の急速な高齢化
  • 高度経済成長期に建設された社会資本が、今後急速に高齢化
  • 橋梁を例にとると、20年後には、全体の45%以上が建設後50年以上経過
  • 今後、維持修繕・更新に係る費用は増大・集中


  • 社会資本の維持修繕・更新に係るコストの縮減
  • 少子高齢化による労働人口の減少や、税収の減少
  • 財政的制約の中での効率的な事業執行とアカウンタビリティ(説明責任)の要請
  • 公共事業に対する国民ニーズの高度化・多様化


  • 国の政策転換(既存ストックの長寿命化)
  • 悪くなってから行う対症療法的保全から、悪くなる前に直す予防保全的修繕への政策転換
  • 自治体管理橋梁の長寿命化修繕計画策定の促進、策定費用および橋梁点検費用の補助
  • 自治体橋梁については、平成24年度以降(市町村管理の橋梁は平成26年度以降)の維持修繕
  • 平成21年度より、更新に係る費用の補助は長寿命化修繕計画に基づくものに限定されていたものが、「橋梁点検」にも追加補助


  • アセットマネジメントを活用した道路管理への転換
  • アセットマネジメントとは、資産管理(Asset Management)の方法
  • 道路管理においては、橋梁、トンネル、舗装等を道路資産ととらえ、その損傷・劣化等を将来にわ たり把握することにより、最も費用対効果の高い維持管理を行うための方法
  • 橋梁長寿命化修繕計画

    既存道路ストックの効率的な管理提案






    〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-4 電話03(3639)3411 [アクセス]
    Copyright© CHODAI TEC Co.,LTD. All rights reserved.